マイナンバーでアドセンス副業の人の確定申告は?住民税は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、ミッツです。
先日のマイナンバー導入で副業が会社にバレるのか?の記事には、たくさんのアクセスがありました。
ありがとうございます。

注目度の高い話題のようですので、さらに深くアドセンスの確定申告や住民税のお話をします。

 

マイナンバー導入で確定申告や住民税がかかる!

前述の記事でもお話したように、マイナンバー導入によって、各人の収入がわかってしまうようになります。

副業でアドセンスで稼いでいる人も、税務署がその気になれば簡単にバレます。
確定申告や住民税の納税義務が発生する人は、キッチリ払わなくてはいけません。

今後、確定申告件数は、大幅に増えるハズです・・・

 
それでは、アドセンスで稼いだ場合、どんな状態だと確定申告や住民税の申告が必要になるのでしょう。

まず、副業の方ですが、
アドセンスの年間所得が20万円を超えると確定申告決定です。
月に16,666円で20万円行っちゃいますね。

自営業・専業主婦の方は、
アドセンスの年間所得が38万円超えると確定申告決定です。
月に31,666円で38万円行っちゃいます。

 
「私は、年間20万(もしくは38万円)も稼いでいないから大丈夫」と思ったアナタ・・・実は確定申告はなくても、住民税はかかるのです!

サラリーマンの人でアドセンスでの稼ぎが年間20万円以下でも住民税!

コレは各自治体に納税することになります。
ちなみにコレがマイナンバー導入によってかなりの数、バレてしまうと思います。

アドセンス収入年間20万円以下でも、黙っていたアナタ、これからはマズイですよ。
要するに、アドセンスで少しでも稼ぎがあれば、住民税の対象だというコトです。

 

アドセンスの納税の仕方

アドセンスによる収入がある場合は、アドセンスの管理画面、お支払のページをコピーすれば使えます。
簡単です。

なんだか暗くなってきたアナタ(笑)
それでは少しでも税額を減らす方法を教えますね。

収入を誤魔化したら、それは脱税になります。
しかし、経費計上すれば、立派な節税になります。

 
アドセンスをやるにあたってかかった費用はすべて経費にできます。
いちおう、片っ端から領収書・レシートなどは日ごろから取っておきましょう。

レンタルサーバー代はもちろん、勉強に使った書籍代や文房具、パソコン周辺機器などはバッチリ経費にできます。

極端な話、アドセンスの年間収益が30万円だったとしても、経費に20万円かかっていれば、所得は10万円になります。
これなら確定申告はしなくても済むワケです。

 
マイナンバー導入後は、とにかく領収書です。

ザックリですがアドセンス副業の確定申告、住民税のお話でした。
ご心配な方は、くわしく税務署などにご相談されることをおすすめします。

今日も感謝です!
 

 ※ブログで稼ぐための7つのマニュアルを無料プレゼント!登録無料です!
 ブログで稼ぐノウハウについては、無料メルマガ講座で公開しています。
 今なら、1000万円以上稼ぎ続けている7つのマニュアルもゲットできますので、ぜひどうぞ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もっとあなたの収入を増やす記事