「個人の事業内容について」のお尋ねが来た!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、ミッツです。
先日、うちにいかつい封筒が届きました。

内容は「個人事業税に関する事業内容の確認」でした。
このあいだの確定申告でなんか、やっちゃったか俺?

ドキドキの展開は・・・

 

税務署じゃなかった

面倒な確定申告(青色です)が終わり、そのことすら忘れていた今日この頃・・・
いきなりの郵便で、けっこうあせりました。笑

封を開けてみると・・・
業務内容をもっと詳しく説明しろ。
収入の内訳を業務ごとに計算しろ。

という内容でした。(もちろんこんな命令口調じゃありません)

何か変な申告をしちゃったのかな?・・・と不安がよぎります。
税金を追加で取られるとか・・・
罰金払えとか・・・
出頭しろとか・・・

慌ててググってみると、けっこう怖いことも出てきます。
私の本音は「まいったなぁ~」です。

 
そんな中、ある事に気が付きます。
差出人が税務署ではないのです。
県の地方事務所からでした。
ちょっと安心。

よくよく読むと、どうやら私が「個人事業税」を払う対象かどうかを判断するためのものでした。これは税務署じゃなくて県に払うんですね。

確定申告したら、あとは全部税務署かと思ってました。恥

 
少し楽な気分になった私は、郵送でも良かったのですが、書類を提出しに行きました。
経験的にこういうのは、直接担当者に会っておいた方がいいです。

バイクを飛ばして地方事務所へ・・
担当者に書類を渡し、同封してあった返信用の封筒(切手も貼ってありました)を爽やかな笑顔で「コレ、もったいないですからお返しします」と返却。
これで好感度アップのはずです。笑

なんでもそうですが、好印象を与えておくことは、後々プラスにつながります。
結局、人と人なんですから・・・

2,3の質問を受けましたが、正直にお答えして帰りました。

 

個人事業税とは?

ここで尋ねられたのが、業務ごとの収入の金額内訳でした。
再度金額を記入して提出しました。

個人事業税というのは、私の場合は県内ですが、
県内に事務所、事業所を設けて、事業をしている個人にかかる税金のようです。

事業内容によっても税率が3%~5%と変わります。
290万円をこえているとめでたく徴収です。

 
そしてまた忘れた頃に電話が・・・

今回は対象にならないそうです。喜
ある程度、覚悟していたので、少々拍子抜けでした。

今後の為に担当者さんにくわしく聞いてみました。
すると私の場合、広告収入は事業所・店舗を持っていない事業なので、対象外。
コンサル業は対象とのことでした。

去年はコンサルを本格的にやっていませんでしたから、セーフでした。

今年はヤバイけど・・・汗

 
今回、ブロガーにとっては良い事を知りました。
ブログを書いての広告収入は個人事業税の対象にならない!
※ もしかしたら自治体によって見解の違いがあるかもしれません・・・

「ただし、今後はどう変わるかわかりませんよ」と言われましたけどね。

そもそもこの個人事業税の仕組みが昭和35年ぐらいに作られたモノらしく、ネットでの収入はその当時想定外だったでしょう。
政府が今後ほっとくわけありませんから、なんらかの変更は絶対にありますね・・・

今のうちかな。

お恥ずかしいくらいの知識しかない私。
これからはもっと勉強してしっかりやるか、税理士さんにがっつりお願いするかですね。

今日も感謝です!

 ※ブログで稼ぐための7つのマニュアルを無料プレゼント!登録無料です!
 ブログで稼ぐノウハウについては、無料メルマガ講座で公開しています。
 今なら、1000万円以上稼ぎ続けている7つのマニュアルもゲットできますので、ぜひどうぞ!

*メールアドレス
*お名前(ペンネーム可)
姓 
名 


※登録後すぐにメールが届かない場合は迷惑メールフォルダをご確認ください。
くわしくはコチラをクリック。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もっとあなたの収入を増やす記事