個人事業主フリーランスの最強税金節税対策の方法!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、田舎暮らしブロガーのミッツです。

我々フリーランス、個人事業主は年末とともに確定申告のことも意識し始めます。
今年中に払える経費は払っちゃえみたいな・・・

最近知った、個人事業主フリーランスの最強税金節税対策の方法を教えましょう!

 

iDeCo個人型確定拠出年金

iDeCo個人型確定拠出年金

iDeCoってご存知ですか?
イデコと読みます。

ちょっと前までは、「個人型確定拠出年金」と呼ばれていました。

コイツすごいんです!

年金と聞くとまだまだ先の話と思うかもしれませんが、個人的にはiDeCoの最大のメリットは節税にあると思っています。

強制的な国民年金、
それだけじゃ不安な人は国民年金基金なんてのもあります。

が、iDeCo個人型確定拠出年金は少々毛色が違うのですよ・・・

 
毎月積み立てて、60歳ぐらいでもらえるのは、他の年金と変わりません。
違うのは、
掛け金の分、所得税と住民税が全額控除!
運用した際の利回りにも税金がかからない!
さらに受けとる時も非課税になるのです!

 

iDeCoでかなり節税できる!

iDeCo節税

このiDeCoは毎月の掛け金も自分で決められます。

ちなみに自営業者の場合、最高掛け金が月68,000円までです。
これを12ヶ月間、老後のために積み立てたとします。

年額で816,000円になりますね。
この掛け金816,000円がすべて控除対象になります!

仮に所得税と住民税を合わせた税率が20%だとすると、
163,200円の節税になります!!!

毎月の掛け金が20,000円なら、
48,000円の控除です。

でかいでしょ?

細かいチマチマとした経費を積み上げるより、断然の節税効果です。

※ ただし、この税率は扶養の人数や年収によっても変わります。

 

運用リスクも抑えられる

運用リスク

運用と聞くとリスクがあって嫌うかたもいらっしゃるでしょう。
ですが、このiDeCoは元金保証商品も選べるので、ノーリスクなのです!

もちろん、ガンガン運用したい方は、ハイリスクハイリターンの商品を選べます。

つまり運用配分は自分でリスクを考えて組めるのです。

掛け金も、その時の自分の経済状況によって、変えられますので安心です。

掛け金の上限は、
自営業で68,000円まで。
サラリーマンで23,000~12000円まで(ランクがあります)
公務員で12000円まで。
専業主婦で23000円までとなっています。

 
お気づきの通り、ほぼ誰でも申し込む事が出来ます。

私がいろいろ調べたところ、楽天証券かSBI証券の2択ですね。
手数料や管理料などが安く、商品も豊富です。

唯一のデメリットは60歳まで引き出せない事ですが、
年金ですからそう割り切れば良いだけかと・・・
うまく運用できれば利回りも取れて一石二鳥になるかも・・・です。

今日も感謝です!
 

 ※ブログで稼ぐための7つのマニュアルを無料プレゼント!登録無料です!
 ブログで稼ぐノウハウについては、無料メルマガ講座で公開しています。
 今なら、960万円以上稼ぎ続けている7つのマニュアルもゲットできますので、ぜひどうぞ!

*メールアドレス
*お名前(ペンネーム可)
姓 
名 


※登録後すぐにメールが届かない場合は迷惑メールフォルダをご確認ください。
くわしくはコチラをクリック。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もっとあなたの収入を増やす記事