トレンドブログのキーワード選びで失敗する人、成功する人の違い!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、ミッツです。
トレンドブログで同じネタを扱っているのに、大量にアクセスを集められる人と集めれない人がいます。
この違い、差って何でしょうか?

簡単に言うとタイトル付けなんですが、もっと深く言えば選ぶキーワードなんですよね。
今日はこんなお話を・・・

 

アクセスが集まるブログと集まらないブログ

私はコンサルや勉強会の関係で、たくさんのトレンドブログを見ます。
本当によく思うのですが、同じネタを扱っているのに、一方は大量のアクセス、もう一方はほとんどアクセスが来ない・・・

こんなコトがよくあります。
何故だと思いますか?

ブログのチカラが同じぐらいだとした場合、ほとんどが「タイトルのキーワードの差」です。

同じネタでも、ブログ運営者が思い浮かぶキーワードはそれぞれ違います。
例えば、ある人物ネタを書くときも、ブログAは「結婚」を、ブログBは「年収」といったキーワードを選んでタイトルを付け、記事を書くわけです。

この後、検索者が「〇〇 結婚」というキーワードで検索すればブログAが、「〇〇 年収」というキーワードで検索されればブログBにアクセスが来やすくなります。
まずココが第一の関門ですね。

検索者が検索窓に打ち込むだろうキーワードの予測です。
ここまでは、みなさんが普通にしている事で、理解できると思います。

 
アクセスを集めているブログは、ここからもうひとヒネリあります。

上位表示の可能性を調べます。
要するにライバルですね。

失敗しているブログのよくやってしまうやり方は、
「人気のありそう、よく検索されそうなキーワード」を選んでしまいます。

コレ、一見良さそうに思いますが、よく考えて下さい。
「人気のありそう、よく検索されそうなキーワード」はライバルが多いのです。

特にブログ初期は、そこに参入しても、なかなか上位表示されません。

 
上手にアクセスを集めているブログは、そこは狙いません。
あえて避けます。

ライバルの少ないキーワードで攻めます!

検索者が少ないんじゃ、アクセスだって少ないんじゃ?
と思ったアナタ、それは違います。

そもそもブログ初期の考え方は、弱くてもいかに上位に出られる記事を作るか。です。
その他大勢が書いているキーワードを使っても勝てません・・・

人気で検索者が多いキーワードで記事を書いても、あなたのブログが数ページ先に埋もれているのでは意味がないのです。

それよりも、
たとえ検索数が少なくても、そのキーワードでトップにいられる記事を作るのです。
激戦のキーワードで埋もれるよりも、人気薄でもトップページにいた方がいいのです。

 

トレンドブログのキーワード選びで失敗する人、成功する人

トップページにいれば、いつか何かの拍子で(笑)、注目された場合、爆発を呼びます。
数ページ後ろにいれば、その記事は、なかなか日の目を見る機会が少ないでしょう。
せっかく狙ったキーワードで検索されてもです・・・

わかりやすい例ですと、
「木村拓哉 子供」のキーワードで10ページ目にいるよりは、
「木村拓哉 視力」とかでトップページにいた方がいいのです。

「こんなキーワードで検索する人いるの?」
ぐらいがちょうどいいです 笑

でも心配ないです。検索されますから。
だって日本の人口は1億人以上いるんですよ。
そんな人がいたってちっともおかしくありません。笑

 
初期からアクセスを集める人は、このあたりのキーワードの選び方が上手です。
「〇〇 プロフィール」
「〇〇 彼女」
なんて誰もが書きそうなキーワードは、初期は外してしまっていいのです。

ただし、〇〇がメチャマイナーな人なら、王道キーワードでもかまいません。

ライバルを調べて、あまり使われていないキーワードを選ぶようにする事が、初期その他大勢から抜け出すポイントです!
多くの人がやっている事は、あえてやらない。

今日も感謝です!
 

 ※ブログで稼ぐための7つのマニュアルを無料プレゼント!登録無料です!
 ブログで稼ぐノウハウについては、無料メルマガ講座で公開しています。
 今なら、1000万円以上稼ぎ続けている7つのマニュアルもゲットできますので、ぜひどうぞ!

*メールアドレス
*お名前(ペンネーム可)
姓 
名 


※登録後すぐにメールが届かない場合は迷惑メールフォルダをご確認ください。
くわしくはコチラをクリック。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もっとあなたの収入を増やす記事