ブログ記事の外注依頼のコツ!クラウドソーシングやってみた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、ミッツです。
先日、初めての記事の外注をしました。
今日はその記事外注の仕方で、やりながら感じた事がありましたので書きます。

 

外注先、ランサーさんの探し方

私が使ったのは「ランサーズ」です。
まずはランサーさん(外注)を探すわけですが、基本的に
「こういう仕事あるけど誰かやってくれませんか?」と募集をかける方法と、
こちらから目ぼしいランサーさんを見つけて「直接相談」する方法があります。

面倒くさくないのは、募集をかける方法なのですが、コレは結果がわかるまでに時間がかかります。
締切を決めて、応募してきたランサーさんの中から選ぶことになりますからね。

でも「直接相談」なら早く見つかります。
こっちがおすすめです。待ちよりも攻めです(笑)

 
ランサーさんの見つけ方は、あなたのブログ記事の内容に関するキーワードでランサーさんを検索して探します。
例えば、プラモデルの記事だったら「プラモデル」とか「ホビー」とかで検索して探すんです。

そして、仕事内容を提示して、そのランサーさんに直接相談します。
早ければ数分で返事が来ます(笑)

まずは、テストとして1記事お願いしてみましょう。
ココで渋られるようなら、そのランサーさんはパスした方がいいです。

 
どちらの方法で、ランサーさんを探すにせよ、
そのランサーさんの実力は書いてもらうまでわかりません。

だいたい、100%満足の行くランサーさんには、当たらないと思っていた方がいいですね。ヘタをすりゃ失礼ながらシロウトさんレベルの人もいます。

基本は信頼できそうなランサーさんを見つけて、
あなたが教育していくイメージです。

 

外注先、ランサーさんとの付き合い方

ランサーさんの記事を、そのままブログにアップするのは、おすすめしません。
どうしてもあなたの修正、加筆が必要になります。

一番良いのは、ランサーさんの記事に、あなたの編集を加えるのがベストです。
あなた色の記事にしなくては、いけません。

わかりやすく言うと、
ランサーさんは原作者、あなたは脚本家の関係です。

こうする事によってコピペ記事などのリスクも防げます。
結局、ブログ記事を外注しても、あなたが何もしなくていいなんて事はないのです。
残念ながら・・・

 
そして、そのブログをランサーさんに教えるかどうかもポイントになります。
秘密にしておくのも別にかまいませんが、ランサーさんの教育を考えると、ブログを教えて置いた方がランサーさんは、全体像が掴みやすく、やりやすいハズです。

あなたのブログをランサー(外注)に教えても特に問題がないなら、教えた方がメリットが大きいです。

 

外注先、私の場合

優秀なランサーさんとは、長い付き合いをしたいですよね。

顔の見えないランサーさんと良い関係を築くのは、コミニュケーションは勿論なのですが、やはり報酬額です。
優秀なランサーさんを引き留めておくには、やはりコレしかありません。

でもリアルビジネスでもそうなのですが、アウトソーシングに対する考え方を間違っている方が多いです。
「どうやって安く、コストを下げてやっもらうか」

この考えでは優秀なランサー(外注)を繋ぎ止められません。

長いお付き合いには、報酬だけでなく、
「どうすれば長期的にやってくれる関係を保てるか」につきます。

あなたが外注の立場だったらどうかを常に考えて対応しなきゃダメです。
その場限りの関係で終わってしまいますよ。

ぶっちゃけ、なかなか優秀なランサー(外注)さんはそうそういません。
もし、そういうランサー(外注)さんに出会えたら、報酬の面、納期の面などを妥協してでも繋ぎ止めて置く価値があります。

ランサー(外注)は、
あなたの限りある大切な時間を増やしてくれる貴重な存在なのです。
その価値を大切にしたほうがいいですよ。

今日も感謝です!

ブログ外注記事をペナルティ無しの良質コンテンツにする方法!の記事もあります。
 

 ※ブログで稼ぐための7つのマニュアルを無料プレゼント!登録無料です!
 ブログで稼ぐノウハウについては、無料メルマガ講座で公開しています。
 今なら、1000万円以上稼ぎ続けている7つのマニュアルもゲットできますので、ぜひどうぞ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もっとあなたの収入を増やす記事

まだデータがありません。