ニッチ市場、ブルーオーシャンを簡単に見つける方法!

ブログで暮らす

田舎暮らしブロガーのミッツです。
今日はニッチ市場、ブルーオーシャンの誤解についてお話します。

この視点が変わると、あなたが取り組むべきジャンルも見えてきます。

無駄なトコロで勝負しなくて済みますよ・・・

 

ニッチ市場、ブルーオーシャンとは?

ニッチ市場、ブルーオーシャンとは?

アフィリエイトをしていると、よく
ニッチを狙え!とか
ブルーオーシャンを開拓して・・・みたいな話を聞きますね。

要するに、
ライバルにいないトコロで勝負しよう!
という事なのですが、ココを勘違いしている人がいます。

 
ニッチな市場・・・
ものすごいマイナーな市場・・・
ようするに、あまり知られていない、よくわからない世界です。

たしかに探せばいくらでもありますよね。

盆栽、フラフープ、コマ、マンホール、
クラリネット、醤油、百人一首・・・

 
思いつくまま上げましたが、これで稼げるでしょうか?

検索需要は少なそうですから、
アドセンスでマネタイズは、しずらいです。

アドセンスである程度のお金を稼ぐには
やはり月間数万アクセスは必要ですからね。

フラフープやコマネタで月間数万PV集められるか?
なかなか難しいと思います・・・

 
じゃ、アドセンス以外に
これ、果たして売るものあるか?って話です。

ASPに商材があればチャンスですが、基本的に、

ニッチ過ぎてもマネタイズができない!

と思っていた方がいいです。

 

ニッチを簡単に見つける方法!

ニッチを簡単に見つける方法

最初から小さい所は選ばない・・・
それではどうすれば良いか?・・・

例えば、ガーデニング。
ガーデニングだと広すぎて勝てません。
だから絞る。

ガーデニング>園芸>庭>道具>ハサミ
>高枝切りバサミ
>高枝切バサミ選び方サイトまたはネタ

 
釣りなら・・・

釣り>海釣り>イカ釣り>道具
>イカ釣り用ルアーサイトまたはネタ

 
キングダムなら・・・

キングダム>武将>秦国>桓騎
>桓騎サイトまたは桓騎ネタ

 
この例では、ライバルは見てません。
イメージが伝わりやすいように書きました。

このように、ニッチ市場を見つけるには、

最初から小さな所じゃなく、大きな市場から絞り込めばいいのです!

 

ニッチ市場、ブルーオーシャンの誤解

ニッチ市場、ブルーオーシャンの誤解

このように、誰も思いつかないようなジャンルを探していくのは間違いです。

ニッチ市場を探すのではなく、
ターゲットを絞ってニッチにします!

 
ココを誤解すると、
なかなか稼げるジャンル、市場決めができません。

大きな市場の円の中から、
だんだんその円を小さくして
市場を絞り込んでいくイメージでやってみましょう。

 
あとは、
それでどんなマネタイズができるか調べましょう。

今日も感謝です!