手動ペナルティで35万円がパー!再審査リクエストしました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。ミッツです。
私は手動ペナルティを受けた事があります(泣)
稼ぎ頭のトレンドブログでした。

おそらく、この手動ペナルティに苦しんでいる方、恐れている方は大勢いらっしゃるでしょう。そんなあなたに贈る、私の手動ペナルティ解除の実録です。

 

突然アドセンスの収益があがらなくなる

アドセンスの収益が安定して入ってくるよになると、それはそれは楽しいモノです。
今は「アドセンスアプリ」もあって、スマホで簡単にチェックできる素晴しく便利なアプリもあります。

アドセンスアプリ

現在の収益、クリック率、クリック単価といっただいたいの数値が確認できるので、このアプリを知ってから、私は時間が空くとこのアプリを開いてニヤニヤしているのです。

だいたいこのブログのアドセンスの1日の収益は10000円~20000円の間。
PVは3万~5万の間です。

もちろん良い日もあれば、良くない日もあります。
目安として、お昼時間に収益が5000円ぐらいになっていたら、その日は安泰。
そんな状態が当たり前になっていた今日この頃でした。

お金は心に余裕を持たせる・・・

私はその日も昼ごはんを食べながらアプリを見ていました。
「2000円か・・・良くないな・・・」
クリック率が悪いのか、クリック単価が悪いのか、
今日はあまり収益が良くありません。

経験的に1年間もやっているブログのクリック率が極端に下がる事はまずないのです。
アドセンスの配置やユニットを変えていなければなおさらです。

「クリック単価が下がったのかな?」
私はアプリをタップするとクリック単価を調べました。
「22円・・・」

いつもだいたいこんなものです。
不思議がる私はその上のページビューの数値をみてドキッとしました。
「アレ?・・・」

いつもよりかなり低いのです。
実はここ2日ほど数値は下がっていて収益も悪くなっていました。
「何かあった?」

私は無性に胸騒ぎがしました。
そうです。ここからが悪夢の始まりだったのです。

 

手動ペナルティ確定!

それからもちょくちょくアプリを確認するものの、
いっこうに増えていかないページビュー・・・
「こりゃ、やっぱり何かあるぞ」

その日の私は、もう仕事に手がつきません。
頭の中にはある言葉が浮かんでいました。
「もしかして、ペナルティ?」

幸いな事にトレンドブログを初めて約1年間、私のブログは一度もペナルティを受けた事がありませんでした。

もちろん、たくさんのペナルティになってしまったブログの話は聞いていましたが、なんとなくですが、「ペナルティは怖いけど、俺のはなんか大丈夫みたい」
そんな根拠のない人ごとのような安堵感を持っていたのも事実でした。

帰宅後、すぐさまPCを立ち上げ、Google Search Consoleへログイン。
心臓が高鳴ります・・・

もし、手動ペナルティを受けていた場合、ここの「検索トラフィック」の中の「手動による対策」をクリックすれば確認できるのです。

手動による対策

アウトでした。
私は頭の中が真っ白になっていく自分を感じました。

毎月30万円の収入が消える・・・
俺の1年間の頑張りの結晶が消える・・・

しばらくしてグーグルからのメールもダメ押しで届きました。
しかし、もう何も感じません。
来るべきモノが来ただけですから・・・

価値の無い質の低いコンテンツ

「価値の無い質の低いコンテンツ」
あからさまに指摘されると、けっこうショックです。

自分の一年間の頑張り、いえ自分の人格までもが否定された気分になります・・・
イヤな事ばかり頭をよぎります・・・

テレビで流れているお笑い番組も、ちっとも笑えません。
私は、横でシッポを振っている愛犬をそっと抱きしめました・・・

 

手動ペナルティと向き合う

少し冷静になって来た私は、片っ端から「手動ペナルティ」について調べまくりました。しかし、検索されるのは何とも悲観的なモノばかりです。

「スパムリンクについての手動ペナルティ」は業者もいて、解決法があるような事例も出ていましたが、今回受けたペナルティは「価値の無い質の低いコンテンツ」でした。

コレの解決方法は皆無と言ってよく、もし解除されたとしても3ヵ月だの半年だのかかると書かれていました。

再審査リクエストを出しても解除には3回、4回、それ以上かかっている話もちらほら。
ほとんどの方は、あきらめて放置。もしくは新しいブログを始めています。

私は、だんだん自分の置かれた状況を現実としてハッキリ認識しました。
「俺、やっぱ終わったわ・・・」

お金は心に余裕を持たせる・・・

私は、気分転換にバイクにまたがり、少し寒くなった山道を走りに出かけました。もちろん、いつもより全開です・・・ヤケクソです・・・

 

手動ペナルティ解除に向けての施策

バイクでかっ飛びながら考えた事は
・あきらめず再審査リクエストをする
・復活できなかったら、トレンドブログはやめる
このふたつです。

まず行った事は、質が低いと思われる記事の削除でした。

ペナルティにはいくつもの項目があって、その複合要因が原因です。
ひとつずつ、原因を調べて修正していくには時間がかかり過ぎます。

なんせ私のブログは550記事以上あるのです。
そんな悠長な事はしていられません。

不安がある記事は、すべて未練残さずに削除です。
結果20記事ほどしか残りませんでした(泣)

「俺の血と汗と涙とアルコールの結晶が消えてゆく・・・」
でも、もう仕方ありません。

そして残った記事の画像チェックです。
芸能人の写真はすべて外します。
フリー素材の画像だけ残します。
アフィリリンクがあればそれも外します。
サイドバーの写真も同様です。

次に記事のキーワードチェックです。
私はSEO的に良かれと、キーワードを思いっきり意識してブログに入れていました。

もしかしたらそれがキーワード詰め込み過ぎになっているかもしれません。
それを緩和させます。
〇〇〇〇のキーワードを取りあえず、すべて削除しました。

そして今までなかった「〇〇〇〇」を追加しました。
アドセンスは貼ったままです。

結果、ものすごいサッパリとした格好の悪いブログになりました。
しかしそんな事は言ってられません。

再審査リクエストのポイントとして、
・記事をすべて削除した状態にはしないこと
・数記事だけでもダメ
これは最低限です。

この20記事で勝負です。
再審査リクエストをします。
ここで大事なのが申請する際の文です。

私が心掛けたのは、
・どこを改善したのか明確に伝える事
・心底反省している事を伝える事
・自分にとってこのブログは生活していく上で欠かせない、死活問題だと伝える事

たまに高飛車な物言いで再審査リクエストを出している人がいるようですが、それじゃ通るものも通りません。
それを見ているのは、ロボットではなく人間だからです。

感情的に
「一体俺のブログのどこが悪いってんだい」
「何回も修正してるんだから、いい加減にしろ」
「どこが悪いんだか教えろよ」
みたいなニュアンスが伝わってしまうと絶対にダメです。

あと、「拝啓、グーグル担当者様、この度は~」
みたいな事務的なヤツも好感度がありません。

今回の経験では、ココもとても重要だと思っています。
もう、情けないくらい平謝りでいいのです。
どうせ自分を知っている人なんか誰も見てませんから・・・

「手動ペナルティ再審査リクエスト依頼文」は恥も外聞もない、少々お恥ずかしいくらいの文章です。
ココではさすがに公開できませんが、メルマガ読者さんにはお見せしています(恥)

こうして私は祈るような気持ちで再審査リクエストを出しました。

 

ペナルティのブログへの影響

グーグルのペナルティは、本当に笑っちゃうくらい見事です。
アクセスがバッタリ途絶えます。

ペナルティのブログへの影響

わずかなアクセスは、私のブログをリンクしてくれているサイトのおかげでした。

この状況になってまじまじとアクセス元を見ましたが、まとめNVERとか知恵袋などからけっこうリンクされていました。
ありがたい事です。

検索エンジン経由のアクセスがなくなっても、こういったリンクからアクセスが来ていました。不幸中の幸いです。

 
4日後、私は新宿にいました。
ブログ仲間との懇親会参加のためです。

実はこの懇親会参加もかなり悩みました。正直、足が重かったのです。
「酒飲んでも旨くなさそう・・・」

そんな事を思っていても、いざ飲みだすとそんな状況を忘れてしまいます。
酒飲みの性です(笑)・・・

私は、飲み会中にふとスマホを見ました。メールがけっこう来ています。
開いてみると、ひとつのメールタイトルにGoogleの文字が。
慌ててそのメールを開く私・・・

ペナルティ解除

「〇△%◆#&*¥!」
「うおっ~!!!」

おそらく周りは、また酔っ払いが騒ぎ始めたぞ。と思ったでしょう。
でもそれは私の歓喜の声だったのです。

新宿に一泊して、翌日ゆっくり帰ろうと思っていましたが、手動ペナルティ解除の知らせを受け、朝一番の便で帰りました。
やりたいことが山ほどあったのです。

念のため帰宅後、例のGoogle Search Console(旧ウェブマスターツール)をのぞきます。

ペナルティ解除

ペナルティ解除で間違いありません。
ヽ(゚∀゚)ノ うぇ──────ぃ♪

 
私は今回の手動ペナルティに有効だったと思われるモノ。
明らかに関係のなかったモノ。をわけました。

今後、ペナルティに泣く人のチカラになれると思ったからです。

手動ペナルティ、今回の場合は「価値の無い質の低いコンテンツ」ですが、ちまたでは原因としてさまざまな要因が挙げられています。
しかし、今回の例からかなり絞れるでしょう。

 

手動ペナルティに関係が無いもの、あるもの

今回のペナルティ経験で、手動ペナルティに関係がなかったものと、関係がありそうなものをまとめました。
ただしすべてのケースで100%絶対ではない事をご承知ください。

まずは、手動ペナルティに関係がなかったものです。

■ テンプレート
よく聞くのがトレンドブログ実践者がよく使っているテンプレートはアウトという説。
私のテンプレートも、トレンドブロガーがチラホラ使っているモノです。
再審査リクエストはそのままのテンプレートで出しましたから、コレは関係ないですね。

質の無いトレンドブログに多く見られるテンプレートは、目は付けられやすいかもしれませんが、決定打ではありません。

■ プライバシーポリシー
プライバシーポリシーを載せた方がいいという説。
私のブログには、もともとプライバシーポリシーは載せていませんでした。
再審査リクエストもそのまま無い状態で出しましたので、これも関係ないでしょう。

■ 重複メタ
これは、以前からわかっていて修正していなかったのですが
(そもそも修正の方法がわからない、笑)
Google Search Consoleの「HTMLの改善」のコーナーにこのブログは重複するメタデータが300ほどありました。
これは結局このままで再審査リクエストに出しました。

記事を削除した事によって重複するメタデータも消えたかと思いましたが、いまだにGoogle Search Consoleには300ほどの重複するメタデータがある。と表示されたままです。コレ、ペナルティには関係ないですね。

ちなみに「重複するタイトル」があるとSEO的には、よろしくありません。

■ 芸能ネタ
トレンドブログでは避けては通れない芸能ネタ。
再審査リクエストの際に2記事芸能ネタ記事がありましたから、芸能ネタだからペナルティと言うことはないはずです。

■ お問い合わせ
お問い合わせもこのブログには、もともと載せていませんでした。
再審査リクエストの際に、載せようか悩んだ末、これもまた検証のひとつになると思い、無いまま提出しました。
コレも関係ないようです。

■ 引用先の表示
恐ろしい事に私はブログに載せる引用文の出典先を載せていませんでした。
引用文には引用文を表すタグでくくってあるだけです。
それでも通りましたから、ここも関係がないようです。

■ アドセンス
アドセンスは外さず、そのまま貼った状態で再審査リクエストをしました。
実は、グーグルペナルティを科す部署とアドセンスの部署はまったく違います。
ペナルティとアドセンスの関係はほぼありません。

アドセンスに問題がある場合は、アドセンスの部署からお達しが来ます。
余談ですが、グーグルアドセンス担当者が付いた月収100万円ほどのブログでも、ペナルティを受けています。

そのアドセンス担当者いわく、ペナルティに関してはアドセンス部門は不可抗力だそうです。要するにアドセンス側ではどうしようもない。
「残念でした」で終わりなのです。

 
手動ペナルティに関係があると推測できたものについては、すみませんがココでは公表しません。私のメルマガ読者だけの特典情報とさせて頂きます(笑)
ごめんなさい。

今日も感謝です!

ペナルティ解除その後の記事もあります。
 

 ※ブログで稼ぐための7つのマニュアルを無料プレゼント!登録無料です!
 ブログで稼ぐノウハウについては、無料メルマガ講座で公開しています。
 今なら、1000万円以上稼ぎ続けている7つのマニュアルもゲットできますので、ぜひどうぞ!

*メールアドレス
*お名前(ペンネーム可)
姓 
名 


※登録後すぐにメールが届かない場合は迷惑メールフォルダをご確認ください。
くわしくはコチラをクリック。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もっとあなたの収入を増やす記事